中国人民銀行が預金金利と貸付金利をそれぞれ0.25%引き上げ、3%と6.06%にしました。

1月に発表された12月の消費者物価指数は4.6%と11月より下がっていたのですが市場参加者の多くは来週発表される1月の消費者物価指数は再びインフレの加速を示す数字になるのではないかと考えています。

中国政府は悪い経済統計を発表するときは今回のようにしばしば先手を打ちます。

だから1月の消費者物価指数が現在のコンセンサス予想の5.3%を大幅に上回る、悪い数字になる可能性が強くなったと言えるでしょう。
続きを読む