映画、『愛人(Les Amants)』を巡る1964年の米国連邦最高裁のワイセツ裁判でポッター・スチュワート判事は有名な「ワイセツかどうかは見ればわかる(I know it when I see it.)」という言葉を吐きました。

そのスチュワート判事のセリフを拝借するならば、今、ギリシャで起こっている金利の上昇は「悪い金利上昇」であり、それは見ればすぐにわかります。

【なぜ悪い金利上昇なのか?】
ギリシャで金利が上昇しているのは、景気が良いからではありません。ギリシャという国が信用されていないからです。

ギリシャは5月までに約200億ドルの借金の借り換えをしなければいけません。

当初、ギリシャ政府は財政赤字圧縮のための一連の措置を発表し、それで何とか市場をなだめることに成功しました。

ドイツ政府もギリシャが頑張っている事を認め、若しギリシャが借り換えに困ったときは一定の手続きに基づいて支援するメカニズムを準備したというコメントを出しました。

しかしその後ちょっとした「ボタンの掛け違い」から話はヘンな方向へエスカレートしています。
続きを読む