9月12日にドイツの憲法裁判所が先に議会の可決した欧州安定メカニズム(ESM)の合憲性に関する判断を発表します。

デア・シュピーゲルは「憲法裁判所はEU支持派だろう」という観測を載せています。
但し……「民主主義を犠牲にしてまで、ESMを承認することはしないのではないか?」と言っています。

つまりECBやEUがギリシャをはじめとする南欧諸国を救済するために奔走し、ESMやOMT(アウトライト・マネタリー・トランザクション=南欧の国債買い入れのこと)を打ち出すのは良いけれど、それを野放しにすると財政権をはじめとする、各国の主権がなし崩し的、非立憲的、ないしは大政翼賛的にEUに移ってしまうことを懸念しているわけです。(この問題はEUが、その成立時から常に抱えてきたジレンマです)

もちろん、各国の国民が「それでもいいから、救おう!」と言うのであれば、憲法裁判所は邪魔しないというスタンスです。それでは国民が本当のところどう感じているか? ということを確かめるにはレファレンダム、つまり国民投票が必要になるのです。
続きを読む