ビルドアップしてみて駄目だったなら、次は壊してみる他ない……有り体に言えば、それが今の世界の投資銀行の置かれた状況です。

1982年に米国証券取引委員会が「ルール415(=シェルフ・レジストレーション→いわゆる一括登録制度)」を導入して以来、トレーディング力が引受の勝敗を決めるようになりました。それは言葉を変えて言えば、バランスシート力の重要性が増したということです。

一方、英国ではビッグバンが起き、それまで特権化、徒弟化していた証券業にまつわるいろいろな免許が自由競争に晒されるようになりました。

これらの制度変更で、スケールの大きさを求める、投資銀行の軍拡競争時代の幕が切って落とされたのです。それ以来、投資銀行のビジネスは2008年のリーマンショックまで、肥大化の一途を辿ってきました。

しかし「大きすぎて、潰せない」ハンプティ・ダンプティのようなメタボ投資銀行がひとたびおなかをこわしたら、経済全体が悪臭プンプン状態になることが世間一般の人にもわかって以来、社会のメタボ投資銀行を見る目は厳しくなりました。

そこでそれらの投資銀行は最近、バランスシートのレバレッジを下げる努力をしています。

自己資本比率は下のグラフにあるようにだんだん改善しています。
1

さらに短期のホールセール・ファンディングへの依存度も近年著しく低下しています。
2
続きを読む