米国の債務上限引き上げ問題の解決がここへきてまた遠のいている観があります。
なぜなら下院共和党案に一部議員が拒絶反応を示しているからです。

でもアメリカの機関投資家は「問題はそこじゃない」という認識を持ちつつあります。
つまり仮に8月2日の期限までに債務上限が何らかの譲歩により無事引き上げられても米国は最上級の格付け、トリプルAを失うという観測が支配的になりつつあるのです。

その理由としては2つが指摘できます。

一番目の理由は現在残っているどの財政赤字削減策が採択された場合でも赤字の圧縮額は格付け機関が求めている「4兆ドル程度の圧縮が必要」という目標からは程遠いという点にあります。

安易な「意思決定の先延ばし案」だけしか選択肢が残っていない以上、折角、債務上限を今回引き上げることに成功しても、また暫くすると同じ議論をイチからやり直さなければいけないのです。

もうひとつの理由はもっと根源的な理由です。

それはちょうど小学校の先生が通信簿で「オール5」を乱発するような「トリプルAバブル」が過去に起こり、いまそのツケがわれわれに回ってきているという事です。

先ず世界で毎年どれだけの金額のトリプルA格付けを持った債券が発行されているかを示したのが下のグラフです。
a

過去10年間にトリプルAという評価を持つ債券の発行額が5倍に増えていることに注目して下さい。2009年にはついに1年間で6兆ドル相当のトリプルAの債券が世界で発行されたわけです。

するとみんなが推薦入学で大学に進学する、大学出の学歴を持った若者が増えるから学士様の肩書が突然価値を持たなくなるという、我々の誰もが理解できる希少性の喪失が起こったわけです。

それではなぜトリプルAの評価を受けている債券が大量に増えちゃったのでしょうか?
続きを読む