欧州財政危機問題に関して、ヨーロッパのリーダー達に、コペルニクス的な発想の転換が、今、起きています。

その結果、デカい事が発表される可能性があります。それらは:

1.欧州中央銀行(ECB)による利下げ、ならびにLTRO3
2.欧州安定化債の発行
3.ドイツ労組の賃上げ


です。

このうちECBによる利下げ、ならびにLTRO3が起こる確率は60%くらいだと思います。

欧州安定化債とは、フランスのオランド大統領が選挙戦の過程で示した公約ですが、インフラ投資のためにヨーロッパ政府が共同で公債を出すことを指します。

これはユーロ共同債(ヨーロッパ政府がこれまで各自で国債を出していたのを止め、米国財務省証券のように連邦として国債を出すこと)に限りなく似通った措置なので、ユーロ共同債に反対の立場を取るドイツから反発を招くと考えられます。

従って欧州安定化債の実現可能性は30%程度でしょう。

最後のドイツ労組の賃上げは70%以上の確率で実現すると思います。

なぜ発想の転換が今、起こっているのでしょうか?

それは端的に言えば、欧州財政危機をどう切り抜けるか?という問題に関する、ドイツの考え方(=切り詰め一本槍)が間違っていたという事がコンセンサス化したからです。

2009年冬にギリシャの財政問題が最初に発覚して以来、ヨーロッパでは既に何度も財政削減法案が成立しました。しかし、現実としてはそれを実行に移しても赤字の削減にはつながりませんでした

続きを読む