JPモルガンが「欧州通貨同盟の危機を9歳の子供の目から見れば 欧州の地域政治の行き詰まり:周辺国救済のコストを誰が負担すべきか?」と題したリサーチ・レポートを出し、話題になっています。
9yrold2

この絵に付けられた番号の説明は:

1.闘牛士(トレアドール)とF-1ドライバーはスペイン、イタリアに代表される欧州周辺国を表している
2.3人の中世の兵士はドイツのキリスト教民主同盟(CDU)、キリスト教社会同盟(CSU)、自由民主党(FDP)を表している
3.水色と白の水兵服を着た少年はフィンランドを表している
4.にんじんを持った緑の服の女性はドイツ左翼党を、その横の農夫は同盟90/緑の党を表している
5.ウォータン(ドイツの神)はブンデスバンク(ドイツ中銀)を表している
6.豚の貯金箱は国際通貨基金(IMF)を表している
7.銀髪の銀行家は欧州中央銀行(ECB)を表している
8.赤いチョッキの男はポーランドを表している
9.画家はフランスを表している
10.怒ったシェフ、掃除夫、パイロット、その他の人々は欧州の納税者を表している
11.ストーム・トルーパーは欧州委員会(EU Commission=EUの政策執行機関)と欧州連合各国の財務相を表している
12.単眼鏡をかけた銀行家は欧州の国債保有者と株主を表している

赤の矢印はそれぞれの登場人物が誰に周辺国救済のコストを押し付けようとしているかの方向性を示しています。そして各登場人物の利害や考え方についてはJPモルガンのリサーチは以下のように解説しています。(直訳ではなく、あくまでも抄訳です)
続きを読む