ここ2日ほど欧州の為替市場で「9月にもメルケル首相が辞めるのでは」ということが囁かれています。

この背景にはさまざまな世論調査でメルケル首相の支持率が低下していることがあります。

一例としてイーゴブ・モニターは「ドイツ有権者の75%がメルケル首相のユーロ危機を解決する能力を疑っている」としています。

またメルケル首相の率いるCDUを中心とする連立政権は野党から10ポイント以上支持率で水をあけられています。

一方、フランスのサルコジ大統領に関しても85%の回答者が「ユーロ危機を解決する能力無し」としています。
続きを読む