米国の6月の雇用統計は市場予想を下回る落胆すべき内容でした。

非農業部門雇用者数は予想の+9.0万人に対して+8.0万人にとどまりました。
1

民間部門雇用者数は予想の+10.0万人に対して+8.4万人でした。

なお過去の非農業部門雇用者数の改訂はそれほど大きくありませんでした。
2

米国6月失業率は予想通りの8.2%でした。
3

これらのデータは米国の雇用の回復が足踏みしていることを示しています。

その意味ではQE3(追加的量的緩和政策第3弾)を繰り出す必要性は増したという風に考えて良いと思います。

しかし株式市場は「悪いニュースは(緩和の可能性を増すので)良いニュースだ」という、図式化された反応を示しませんでした。言い換えれば、思いの外、売られたということです。
続きを読む