私はボルンハイム通りのユダヤ教会の前を通りかかったとき、家から家へと移動する三つの黒い影に気がついた。

地面にまで届く黒いマントを羽織った男達は棍棒で乱暴に扉を叩くと挨拶もせず家の中に飛び込んでいった。

(税吏だ)

私は踵を返し今来た道を全速力で駆け出した。

薄暗い路地は馬車がすれ違うことも出来ないほど狭い。その路地の両側には間口の狭いひょろ長い家屋がぴったりと寄り添うように並んでいる。

それらの家はすべて四階建てで、上の階に行くほど表の路地にせり出すような格好で建てられている。このためただでさえ狭い路地は昼間でも陽がささない。

日が暮れるとこのユダヤ人街の3つの門は閉じられ、その中の住人は自由に外のフランクフルトの町を歩くことはできない。門限の前に用事を片づけようとする人たちでボンハイム通りは雑踏していた。

私は何度も通行人にぶつかり、縦にかぶった二角帽子を取り落としそうになりながら転げるように家に戻った。

「とうちゃん、税吏だ!」

私の父、メイヤー・アムシェルはテーブルの前に座って母と歓談していたが、私の声を聞くと飛び上がるようにして家族に命令した。

「いつものように落ち着いて!」

家の中は子供で溢れていたが、各自、やるべき事は言われなくてもわかっている。

父はまずテーブルの前に広げていた帳簿を閉じるとそれを奥に仕舞った。そして代わりの帳簿を持ち出して来て最後の記帳がしてあるページを開いた。

母はストーブの上で煮えていたシチューを火から降ろすとそれを食器戸棚の奥へ隠した。

私はテーブルの上のコインや手形を木箱に入れ、床の跳ね上げ戸を引き上げ、地下部屋に降りて行った。

そしてワインの樽をずらすと、その後ろにある隠し金庫にそれを仕舞った。私の二人の兄、アムシェルとソロモンは地下部屋に残った。私は階上に戻ると跳ね上げ戸を閉めた。

カールとイザベラはストーブの近くに座った。

父と母は上着を脱ぐとクロゼットの中からいちばんボロの上着を出し、それを羽織った。

父は母に向かって言った。「ガトル、窓を開けなさい。」

母は裏手の窓を開けた。ひんやりとした空気とともに開溝式の下水道から鼻を突く悪臭が部屋の中に入ってきた。

ユダヤ人街を南北に走っている開溝式下水道の上には各家々の四角いトイレが設置されており、この下水道はそのままマイン川に流れ込む仕組みになっていた。

その時、税吏がどんどんと扉を叩いた。

「これはこれは税吏さま。」

父は慇懃な態度で税吏たちを迎え入れた。

「ロスチャイルド、台帳を改めさせてもらおうか。」
続きを読む