ギリシャ救済第二枠の実施にあたり、どういう枠組みでギリシャを助けてゆくかの基本方針が今、ブリュッセルで議論されていますが、その情報が一部マスコミにリークしています。

マーケットはこれを受けて動いています。

ユーロは高く、欧州銀行株はラリーしています。

そこでこれまでに断片的に伝え聞かれている事を整理します。

先ず印象としてはギリシャの負債は雪だるま式に増える方向ではなく、圧縮する方向で各国が支援の手を伸ばしている様子がわかります。言い換えれば負債を減免する方向だということです。

またギリシャの負債の金利を下げる方向で議論されています。これまでの欧州連合からの救済に際する金利は5.5%でしたが、これを3.5%程度にする雲行きです。

さらにギリシャの債務の平均償還期限を現状の7.5年から少なくとも15年に延ばす方向で検討されているようです。これもプレッシャーを先送りするという意味では良いと思います。

またEFSF(欧州金融安定化基金)にギリシャ債務再編の中心プレーヤーの役割を与えるという方向で物事が動いています。これは「堪え性のない」ECB(欧州中央銀行)がその任に当たるより「より適任である」と言えるでしょう。

このためEFSFはセカンダリー・マーケットでの介入も出来る権限を与えられる模様です。
続きを読む