債務上限引き上げ問題が迷走しています。

現時点では当初オバマ大統領が提唱したような大規模(=4兆ドル程度)な予算圧縮を実現する法案が成立する可能性はゼロと言っていいでしょう。

つまり「当座の時間稼ぎを目的とした暫定的な案」だけが残っているわけです。これには2つの案があります。

【下院共和党案】
下院共和党は向こう10年で1~1.5兆ドルを圧縮するプランを本日午後2時頃に披露する予定です。

この法案では来年1月までのファンディング・ニーズしかカバーできません。

この案は順調に行けば水曜日に票決に付される見込みです。

【上院民主党案】
一方、上院民主党は向こう10年で2.7兆ドルを圧縮するプランを考案中です。

こちらの案では2012年11月の大統領選挙まで予算的には何とかやりくりできる計算になります。

上院民主党リーダー、ハリー・リード議員は同案の採択される可能性について「現時点では悲観的だ」という談話を発表しています。続きを読む