ディスインターメディエーション(disintermediation)とは、それまで財やサービスの創造や伝達に欠かせない役割を果たしてきた存在が、お役御免になることを指します。

これは経済活動のあらゆる局面で見る事の出来る現象です。

たとえば昔、山手線の改札口には切符切りの駅員さんが居て、ハサミを軽快に鳴らしながら切符をきって呉れたものです。でもテクノロジーの進化とともに、そういうスキルは不要になりました。

ディスインターメディエーションは金融界でも起こりました。僕が投資銀行に勤めていた時、毎年、正月にオフサイトという戦略会議があってホテルの会議室に缶詰になりました。それゆえお正月をゆっくり楽しめないので随分、恨めしい思いをしましたが、そのオフサイトで毎年、喧々諤々の議論になるのが、「どうやってディスインターメディエーションを喰いとめるか?」というテーマです。

「顧客に、これだけとか、あれだけと言う風に証券会社のサービスの良いとこ取りをさせてはいけない。全部のサービスをパッケージにして提示し、ウチと付き合うのか、それとも付き合わないのか?それを問い詰めよう!」なんて議論をしたのを覚えています。

ところが……

オフサイトの会議室を出るなり、社員たちは携帯電話で顧客に電話して、やってはいけない筈の抜け駆け行為を始めるわけです。例えば顧客が「リサーチ・レポートは、要らない。だけどアナリストの財務モデルだけは、ちょうだい」と言われると、こっそり財務モデルだけはエクセル・スプレッドシートで送るとか、そういう「サービス」を競ってやるわけです。

その結果、証券会社のサービスのアンバンドリング(Un-bundling)が起きて「もうレポートは要らない」という話になるわけです。

つまり「要りません」というディスインターメディエーションと「この部分だけ、欲しい」というアンバンドリングは切っても切れない関係にあるのです。

さて、電子書籍の話に入りたいのですが、電子出版が出来るようになると印刷というプロセスが無くなり、それが配信に取って代わられるので、それまで我々が必須だと考えてきた諸々のサービス、例えば本屋さんや編集者、装丁をするデザイナーなど、書籍を消費者に届ける過程で関わってくる、いろいろな人々の存在について「本当に、必要なのだろうか?」という見直しが起こります。
続きを読む