2

チェックポイント・ソフトウェア(ティッカーシンボル:CHKP)はインターネット・ブームの黎明期の1996年にゴールドマン・サックスの主幹事で新規株式公開(IPO)された「老舗」です。

同社は様々なインターネット・セキュリティのソリューションを提供しています。それらは大きくハードウェアとソフトウェアに分けられます。

売上構成比で35%を占めるハードウェアは、別名、「アプライアンス(電化製品)」と呼ばれていますが、ピザボックスのカタチをしていて、企業のネットワーク室などに設置されます。

売上構成比で65%を占めるソフトウェアは、アップグレード、メンテナンス、サブスクリプションなどから成り、極めてコンスタントに継続売上が見込めます。ソフトウェアは顧客から入金があっても契約期間が満了しなければ売上高には計上されません。

サブスクリプション型のビジネスなので、一回チェックポイントの顧客になったら、途中で止める企業は少ないです。
続きを読む