3Dプリンタ大手、3Dシステムズ(ティッカーシンボル:DDD)はけさサンフランシスコで開催されるスタイフェル証券のテクノロジー・カンファレンスに登壇する予定ですが、それに先立ち、足下の業績見通しが暗転したことに関するプレス・リリースを出しました。ガイダンスは:

2013年EPS:予想96¢に対し、新ガイダンス83から87¢
2013年売上高:予想5.14億ドルに対し、新ガイダンス5.13~5.14億ドル
2014年EPS:予想$1.27に対し、新ガイダンス73~85¢
2014年売上高:予想6.73億ドルに対し、新ガイダンス6.8~7.2億ドル


というものです。2014年に関し、売上高の予想が余り変わっていないのにEPSが急減している点について、会社側は「マーケットシェアを奪いに行きたい」と説明しています。

3Dシステムズの株は-25.7%で推移しています。