5

ダイレクTV(ティッカーシンボル:DTV)は、日本人には馴染みの薄い銘柄かも知れません。

しかしこの銘柄はウォーレン・バフェットの投資会社、バークシャー・ハサウェイのコア・ホールディングのひとつで、現在、バークシャーはダイレクTVの6.67%株主です。

同社はもともとハワード・ヒューズのヒューズ・スペース&コミュニケーションズを母体としています。

ハワード・ヒューズに関しては、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『アビエーター』で、そのエキセントリックな人物が描かれています。

ハワード・ヒューズはこんにちの石油サービス会社、ベーカー・ヒューズ(ティッカーシンボル:BHI)を創業したハワード・ヒューズ・シニアの息子です。

彼の父がテキサス州ヒューストンで石油掘削のドリルビットで成功したので、どら息子は1920年代にカリフォルニアへ移り、ハリウッドの映画ビジネスに参入します。また空を飛ぶことも彼の関心事だったので、1932年にヒューズ・エアクラフト・カンパニーを設立します。

ヒューズ・エアクラフト・カンパニーは航空機メーカーとしては限定的な成功しか収めなかったと言って良いと思います。

しかし空軍から戦闘機などに搭載される電子機器の受注を受け、この分野でリーダー的企業となります。

その後、米国の宇宙開発が本格化するとヒューズ・エアクラフトはヒューズ・スペース&コミュニケーションズを設立します。

1985年に同社は入札にかけられ、ゼネラル・モーターズがそれを落札します。それ以降、同社はGMHというレター・ストックとして株式市場で取引されました。

1994年にGMHは衛星テレビ通信(DBS)事業部門としてダイレクTVを開始します。
続きを読む