金価格が最高値を更新しました。

このところ$1440の上値抵抗線の付近で伸び悩む様子を見せていたし、モメンタムには衰えが出ていたので(やっぱり今回も駄目かな?)と思ったけど、意外にアッサリと新値を取っています。

これまでの上値抵抗線はテクニカル分析の教科書に従えば今後の下値支持線となるはず。

気持ちを入れ替えてここから買って行っても良いと思います。

さて、何で金価格をプレイするかですが、先ず考えられるのはETFを買うという方法です。SPDRゴールド・トラスト(ティッカー:GLD)が順当です。

次に金鉱株ですが、勢いという点ではカナダのゴールドコープ(ティッカー:GG)がいちばん鮮やかなブレイクアウトを至現しています。
GG

一足先にブレイクアウトし、高値で地固め(コンソリデーション)に入っている南アのハーモニー(HMY)は投機色の強い銘柄です。目先はテクニカル的には「買われすぎ」になっています。
HMY

ハーモニーの場合、採掘コストが比較的高く、しかも含み資産は余り多くありません。その意味では限界的な(つまり当期の)業績見通しに株価が左右されやすく(=普通、見通しは悪いことが多いです)それだけオモチャにされやすい株です。

同じく南アのアングロゴールド・アシャンティ(AU)は財務内容はハーモニーより遥かに良いです。チャート的には未だブレイクアウトしていませんからブレイクアウト狙いで飛び乗るならこの銘柄という考え方もできると思います。
au
続きを読む