FacebookがIPOを前に改訂売出し目論見書を米国証券取引委員会に提出しました。
今回、同社が改訂版を提出した理由は先ごろ同社がインスタグラムを買収し、財務事情に変化が起きた事と、第1四半期の決算を〆たので損益計算書を最新のものに差し替えたためです。

今回の情報開示はいろいろな点で興味深かったです。

先ず2012年第1四半期の売上高は10億5,800万ドルでした。これは前年同期比+44.7%でした。これは問題ありません。

しかし2012年第1四半期の純利益は2億500万ドルにとどまりました。これは前年同期比で-12%でした。因みに去年の第1四半期の純利益は2億3,300万ドルでした。

つまりフェイスブックの利益は急成長するどころか逆に悪くなっているのです。

この理由は費用が+66%と増えた事、マーケティングおよび営業費用が+134%増えた事、研究開発費が+168%増えた事などに因ります。
続きを読む