6月22日にシリア軍がトルコ軍機を撃墜しました。この事件をきっかけにシリアとトルコの間で緊張が高まっています。

最近、シリア軍の内部では離反者が続出しています。なかでもシリア空軍のパイロットの相次ぐ離反は同国政府にとって微妙な問題です。なぜならシリア空軍の軍人になるということは最もエリートコースだからです。

シリアは人口の約2割を占める少数派のアラウィー派が政治の実権を握っています。アサド大統領もアラウィー派です。

しかし空軍の将校の7割はスンナ派が占めています。アサド政権がこのエリート空軍将校たちをコントロールできなくなりつつあるのではないか?という観測が飛び始めているのはそのためです。

一方、トルコは北大西洋条約機構(略してNATO)の条約第四条に基づいて6月26日に北大西洋条約機構(NATO)の理事会を開催することをリクエストしました。

加盟国は単独で軍事行動を起こす前にNATOにお伺いを立てるのがタテマエだからです。26日の理事会はシリア情勢に関するコンサルテーションが主目的です。

続きを読む