プライスライン・ドットコム(ティッカーシンボル:PCLN)は、いわゆる値嵩(ねがさ)株です。

値嵩株とは、株価そのものの数字が大きい銘柄を指します。プライスライン・ドットコムの現在の株価は$1,196です。つまり一株が10万円以上しているわけです。

昔は、アメリカの株式市場の通例として、株価が騰がり、値嵩になってしまった株は、サッサと株式分割をして、手頃な値段まで見かけ上の株価を下げるということをしました。

具体例で説明すると、例えば今、プライスライン・ドットコムが50:1の比率で株式分割をしてやると、株価は$23.92(=計算としては1,196÷50)になります。その代わり、分割前に1株持っていた株主は、持ち株数の記録が「50株」に改められるわけです。

このような調整を、頻繁に行った理由は、アメリカでは単位株と呼ばれる、通常の最低取引ロットが、100株だったことによります。それ以外の単位(=これをオッドロットといいます)、たとえば1株だけで取引しようとするとそれは証券界の隠語で「板汚し」と呼ばれる、中途半端なサイズになってしまい、その取り扱いの手間にかかるコストを投資家に転嫁するため、通常の委託手数料より割高な、スペシャル料金を請求されることが多かったです。

これは、昔、全ての立会場での取引が、電話と場立ちの紙のチケットという、ローテクな方法によって突き合わされていたことにも多いに関係しています。しかし今はコンピュータによる処理が進んでいるので、オッドロットだろうが、通常のロットだろうが、処理コストは殆ど差が無い筈です。

なぜこのようなことをクダクダ説明するかといえば、このプライスライン・ドットコムのような値嵩株は、オッドロットの注文が多くなりがちなので、証券会社のリサーチにも、おのずと力が入らなくなることが多かったわけです。その昔ながらのクセが、今も証券マンのメンタリティーから完全に抜けていないというわけです。

まえおきが長くなったけど、プライスライン・ドットコムも、そのような理由で本来、この株に与えられるべきアテンションが割かれていないような気がします。

プライスライン・ドットコムは、いわゆる旅行予約サイトです。Bookings.com(ホテル中心)、priceline.com、agoda.com(アジア中心)、rentalcars.com(レンタカー中心)などのブランドを持っています。
続きを読む