このところイタリア国債の人気が急に無くなっています。

イタリアの10年債の利回りはついに5.4%に乗せました。(利回りが上昇するということは価格が下落していることを意味します。)

ギリシャ問題などの経験から、利回りが6%を超えると「赤信号」です。

なぜ急にイタリア国債が売られているのでしょうか?

欧州周辺国は「PIIGS(ブタ)」と揶揄されることが多いです。

PIIGSはポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペインの頭文字を取ったアクロニムです。

これらの国は「欧州の劣等生」ということでひと括りにされているわけですけど、実体経済の動向に関してはさらに2つのグループに分けることが出来ると僕は考えています。

それはFast-moving situation 、つまり状況が刻々変化している国々とSlow-moving situation、つまりゆっくりとしか変化していない国、ないしは経済にぜんぜん変化が無い国という2つのグループです。

この場合、変化(movement)とは「悪い方」への変化を指します。

いま状況が刻々悪化している(ないしは悪化していた)国はギリシャ、スペイン、アイルランドなどです。

一方、状況にほとんど変化が無い国はポルトガルです。イタリアもこちらのグループに入ると思います。
(=イタリアのファンダメンタルズがゆっくりと動いていることに関しては以前の記事に書きました。)

それでは何が刻々とした状況変化を作り出しているのか?といえば、それは資産価格、もっと平たく言えば住宅市場の暗転です。

アイルランド、スペインではサブプライム・バブルが弾けた時に不動産市場が影響を受け、それ以来、住宅市場が冷え込んでいます。

ギリシャの場合は政権交代の時に新政権が旧政権の「ごまかし」を暴いたことが急激な状況変化の直接のきっかけになりました。

さて、前置きが長くなりましたけど上に述べてきたような経緯でイタリアの場合はそれほど「病状」に変化はなく、これまでは持病のようにぐずぐずした展開でした

ところが最近、急に投資家の態度が冷たくなったのはイタリアの側ではなく、投資家の側に「心変わり」が起きたからです。
iStock_000002899126Small
続きを読む