ウォーレン・バフェットはアメリカを代表するブランドを持っている企業に投資することを好みます。

具体的にはウエルズファーゴ、コカコーラ、デイリークイン、シーズ・キャンディー、ガイコーなどが思い浮かびます。

さて、石油株ではバフェットはフィリップス66(ティッカーシンボル:PSX $58)に投資しています。

バフェットの投資会社であるバークシャー・ハサウェイはフィリップス66を2,716万株保有しており、これは同社の発行済み株式数の4.39%に相当します。大株主リストではインデックス投資で有名なヴァンガードに次いで、第2位株主です。またバークシャーの持ち株リストでの順位は第9位で、株式ポートフォリオの2.23%を占めています。

バフェットがフィリップス66を好きな第1番目の理由は、同社が「76」、「Phillips 66」、「CONOCO」などのアメリカ人なら誰でも知っている、ガソリンスタンドのブランドを持っているからです。

union-76-gas-station-profile

Phillips-66-Illuminated-Sign-PHS099-06

なお「76」の由来はアメリカ合衆国独立宣言が出された1776年の「76」から来ています。また「Phillips 66」の「66」は1927年に同社の創業者、フランク・フィリップスがオクラホマ州の国道66号線で同社の作ったガソリンをテストしたところ、最高時速66マイル(=106キロ)が出て、「国道66号線で時速66マイルが出たというのは、縁起が良いな」と思い、社名を「Phillips 66」にしたところから来ています。(ブランドのマークが国道の番号を示す道路標識に似ているのは、そのためです)
続きを読む