Market Hackの月例編集会議で仕掛人の田端さんから「相場師列伝みたいな記事を書いてくれ」と頼まれました。但し、僕が実際に知っている投資家という注文ツキです。

スティーブンA.コーエンはSACキャピタルというヘッジファンドを創業した、立志伝中のヘッジファンド・マネージャーです。

SACキャピタルは100億ドル以上を運用しているヘッジファンドであり、創業当時はアグレッシブなトレーディング・スタイルで有名でした。

運用のビジネスは「これはヴァリュー、これはグローバル・マクロ」など、運用方針によってマネージャーを分類し、その文脈の中で運用の腕前を論じ、評価する場合が多いです。

従ってそういう定型にはまらないマネージャーは、評価されにくいし、一般投資家は知りません。

そういうフリースタイルの名人にマイケル・スタインハートが居ますが、このスティーブンA.コーエンもそんな投資家のうちの一人です。

話が脱線して恐縮ですが、スタインハートとコーエンには共通点があります。

それは二人ともロングアイランド(=スタインハートの場合は正確にはブルックリン)の郊外に育ち、幼少の頃から株式に目覚めて、バイトで稼いだ金を握りしめて証券会社の店頭に行き、口座を開こうとして追い返されている経験を持っている点です。(二人ともその後、証券会社に口座を開き、社会人になるずっと以前から手張りでガンガン儲けていました)

コーエンの育ったグレート・ネックはF.スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』の舞台となった「ウエスト・エッグ村」に近い場所だと言われています。

下の地図で下の方のピンがグレート・ネックの所在地、上のロングアイランド・サウンドという内海に隣接したピンが「グレート・ギャツビー・マンション」あるいは「ランズエンド」という愛称の、同小説のモデルになった館の場所です。


View グレート・ギャツビー・マンション(または『ランズエンド』) in a larger map
続きを読む