ヘリテージ財団は米国の保守系の利害を代表するシンクタンクです。だから彼らが発表する論文は、アメリカ全体のコンセンサス意見ではありません

ただ米国の保守系の人々が何を考えているかを窺い知る意味で、或る程度、参考になります。

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に関し、最近、同シンクタンクの上席リサーチ・フェローのデレク・シザーズが論文を発表しています。

その全文はココで読めます。

アメリカ人が、米国の利害をどう守るか? という観点から書いた論文なので、我々日本人からすると少し読むのが辛い箇所もあります。また読んでいて、カチンと来る記述もあります。

ただ、敵が交渉に当ってどういう態度で臨んでいるのか、その手の内を知ることは有益だと思ったので、紹介しました。

以下は「アメリカにとって良いTPPとは何か?What a Good Trans-Pacific Partnership Looks Like」の抄訳です。

【キーポイント】
1.TPPは米国経済を強くし、将来のアジアにおけるアメリカの経済的、政治的リーダーシップを約束する

2.米国がTPPで得をするためには、TPPが質の高い協定になる必要がある。それは隠れた保護主義を排し、多方面で市場経済主導の自由化を促すものでなくてはならない

3.特にTPPは国有企業の活動の制限、知的所有権の保護、サービス・セクターの開放の三点にフォーカスすべきだ。一方、米国の農業の保護は減らすべきだ

4.TPPの失敗、ないしは中途半端な合意は米国が経済協力に興味を持たず、地域紛争の局面だけで出しゃばる印象をアジア太平洋地域の国々に与えるだろう


アメリカにとって良いTPPとは何か? TPPは国有企業の活動を制限し、知的所有権を保護し、サービス・セクターの開放を働きかけるものでなくてはならない。またアメリカ側の障壁も取り除くことを含むべきだ。
続きを読む