南米の国、ウルグアイの農地の最大の地主、ユニオン・アグリカルチャー(ティッカー:UAGR)がニューヨーク証券取引所にIPOします。

同社は2008年にウルグアイの農地を買収し、その農地で穀物を生産し家畜を飼うことを目的に設立された新しい会社です。現在までに8.4万ヘクタールの土地を取得しています。

同社は既に殆どの農産物の生産者として同国でナンバー・ワンの地位にあります。しかし今後の成長余地は極めて大きいです。

ユニオン・アグリカルチャーの経営哲学は「農業は最も理想的な自然環境に恵まれた土地をエコノミー・オブ・スケールが実現できる規模で開拓した生産者が競争優位に立つ」というシンプルな考え方に基づいています。

ウルグアイはアルゼンチンとブラジルの間に挟まれた国で、その国土の殆どが平野です。土地は肥沃で肥料の必要は低いです。また水がたいへん豊富で水利権も地主に帰属します。

ウルグアイの農地は交通のアクセスが極めて良く、農産物の出荷が容易です。

ウルグアイは農産物への税率が低いし輸出税はありません。

同国は南米で外国人が農地を取得できる唯一の国で規制が少ないです。その理由は同国の
人口は僅か350万人ですが1億人を喰わせることができるだけの農産物の生産能力があるからです。

従ってどうやって輸出ポテンシャルを最大限に引き出すことがウルグアイ政府にとって重要なことであり、食糧の自給はそもそも問題にならないわけです。農地をめぐる政治リスクが低いのはそのためです。

こうした背景から同国の農業生産物の95%は輸出市場へ回ります。また多くの作物で世界で最もローコストの生産を実現しています。
続きを読む