アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが、会社とは別に、個人でワシントンポスト(ティッカーシンボルWPO $568.70)の新聞部門を買収します。

今回のディールは同社の他の出版事業であるスレート・マガジン、フォーリン・ポリシーなどは含みません。

なお新聞部門は同社のポートフォリオのごく一部であることに注意すべきです。

1

このニュースを受けてアフター・マーケットでのワシントンポスト株は+5.34%で推移しています。

現在、新聞部門のCEOを務めているキャサリン・ウエイマウスはこれまで通りCEO兼発行人のポジションを維持し、マーティン・バロン編集長も留任します。

ワシントンポストは1877年に創刊された老舗の新聞で米国の政治に関するカバレッジでは定評があります。

同社の記者、ボブ・ウッドワードとカール・バーンスタインによる、ウォーターゲート事件のすっぱ抜きはダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォードの共演した『All the President’s Men』に描かれています。

このことからもわかるように、同紙は『ニューヨーク・タイムズ』、『ウォールストリート・ジャーナル』と並んで、米国を代表する三大クウォリティー・ペーパーだと見做されています。
続きを読む