アップルが来るWWDCにスティーブ・ジョブスが登壇すると告知しました。
また当日、iCloudを発表すると公告しました。

アップルが事前に新製品や新サービスの発表を明らかにするのはきわめて異例です。

なぜならばそれはイベントからサプライズの要素を奪ってしまい、Buzzが創り出せないリスクを負うからです。

それではなぜアップルはわざわざプリアナウンスする途を選んだのか?

これについてはTNWのマシュー・パンザリーノが幾つかのセオリーを展開しています。

1.今回のWWDCではiPhoneに関する発表は無いことを強調するため
2.iCloudの力を最大限に引き出す目的でiOS5の大規模な手直しをすると発表するため
3.フェイントをかける意図でやった(この可能性は低い)
4.Buzz創出の為の計算高い煽り(iCloudの重要性に鑑み、最大限のメディア・カバレッジを狙った)

 ■ ■ ■

さて、ここからは蛇足になりますが株式投資の観点から僕の考えを少し補足しておきたいと思います。

続きを読む