シアトルはアマゾンの本社所在地なので、アメリカのイー・コマースの総本山になっています。

そのアマゾンのお膝元で、王者アマゾンに挑戦する、けしからん会社が登場しています。その名は、ズーリリー(ティッカーシンボル:ZU)

3

ズーリリーは「お母さんのためのキュレーテッド・ストア」です。

女性が妊娠し、出産すると生活が激変します。赤ん坊は絶えず母親を必要とするので、お母さんは急に行動範囲が狭まります。子育てには苦労が多いし、出産の苦しみや、自分に100%依存する、赤ちゃんの存在は、途方も無い責任をお母さんにもたらすわけです。

つまりこの時期の女性はとても情緒的に不安定な時期であり、味方を必要としているわけです。一例として(赤ちゃんにカワイイ服を着せたい!)という願望があっても、乳幼児を抱えていればおいそれとショッピングにも行けません。

ズーリリーは、そういう新しいお母さんのためのキュレーテッド・ストアです。ちょっと気晴らしに外出し、ブティックに買い物に行くことすらできないお母さんのために、普通ならブティックでしか手に入らない、カワイイ子供服を、毎日、「日替わり特売」でオファーします。

それらの商品は、いずれもユニークで、見つけにくく、数量が限られているという特徴を持っています。

実際、ズーリリーの扱う子供服のベンダーの大半はアメリカ国内の零細なアパレルメーカーであり、その手作り感溢れる商品の殆どには、ユニバーサル・プロダクト・コード(=量産品につけられる、バーコード番号)さえ付いていません。

続きを読む