Once in Golconda: A True Drama of Wall Street 1920-1938 (Wiley Investment Classics)Once in Golconda: A True Drama of Wall Street 1920-1938 (Wiley Investment Classics)
著者:John Brooks
販売元:John Wiley & Sons
(1999-09-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

★★★★☆(評者)広瀬隆雄

1920~30年代のウォール街を活写した古典に『むかしゴルコンダにて』という本があります。同書はまるで琥珀色に褪色した当時のニュース・リールを見るような、美しく、そして哀しいドキュメンタリーです。

僕がウォール街に就職した最初の頃、当時の上司に「この本、読んでごらん」と薦められました。

著者、ジョン・ブルックスの文体はどちらかといえばカジュアルですが、まるでその場に居合わせたかのような臨場感溢れる語り口が読む者をどんどん引き込みます。

リーマン・ショックが起きた後、この本を読んでいたお陰で(次はゴールドだな)と直感しました。それ以来、Market Hackの前身ブログ、「外国株ひろば」やコラムを担当している「ダイヤモンド・ザイ・オンライン」などで機会あるごとに不況対策とその副作用としてのゴールドの上昇の可能性について何度も書いてきました。

その金価格はいよいよ垂直に騰がり始めています。
GLD

以下は1933年にフランクリン・D・ルーズベルト大統領が就任し、ドル安政策が採用された当時の事を書いた部分を僕が抄訳したものです。(これは2008年11月にブログ「外国株ひろば」に最初に紹介したもののコピペです。)

大統領就任式の前日、トーマス・ラモントは旧友のフランクリン・D・ルーズベルトに電話した。ラモントの電話の狙いは金融危機に関して余り性急な政策に走らないようにルーズベルトに嘆願することだった。その夜は金曜日でニューヨークに本社を構える主要銀行の多くはなんとか翌日の「はんどん」を無事やりすごすことが出来るのではないかと願っていた。

月曜まで持ちこたえられれば、、、、新大統領の就任演説に力を得た国民は安心し、取り付けの危機は回避できる、、、。

しかしルーズベルトは当然のこととしてこのアドバイスを無視した。彼が大統領になって最初にしたのは4日間に渡る「銀行休業日」宣言だ。実際には銀行は4日間ではなく8日間休業する羽目になった。ラモントの期待していたのはルーズベルトと、彼がこれから発表するであろう「ニュー・ディール」政策への期待で何とか市場への信頼が戻ることだった。いささか奇妙だったのは「ニュー・ディール」政策の立案者たちは駄目もとでそれを考案したにもかかわらず、ウォール街は早くも「ニュー・ディール」に高い期待を寄せていた点である。
続きを読む