皆さんは一大決心をして英語の古典にチャレンジした経験はありますか?

「チャレンジしたけど途中で投げ出してしまった」という人も多いと思います。

そういう僕もその口です。

僕が社会人になりたての頃、外国帰りの上司同士の会話を横で聞いていたら、こんなやりとりがありました。

「むこうではせめてシェークスピアくらい読んでないと教養があるとはみなされないよね。」

「うん、そうだそうだ。スコット・フィッツジェラルドやアーネスト・ヘミングウェイ程度では教養のうちには入らない。」

「しかしシェークスピアはむずかしいな。」

この会話に登場する2人の上司はどちらもテキサス大学オースチン校の出身で、その頃の僕から見れば「雲の上の人」くらい英語が上手かったです。

そんな上司にもやっぱりシェークスピアはむずかしいんだなという事がわかってチョッと安心した記憶があります。

そもそも古典を読破するということは重要なのでしょうか?

ハッキリ言ってシェークスピアを原書で読んでなくても日常のビジネスで困ることはありません。

但し後年、自分の地位が高くなって大企業のCEOクラスの人とビジネスで日常的に接し始めるようになると自分に教養が欠けていることで恥をかく場面が沢山出てきます。

世の中にはそういう教養や格式を殊更重視する排他的な世界が未だに厳然と存在するのです。

例えばユーロボンドや敵対的買収を発明してロンドンのシティに近代的なインベストメント・バンキングを持ちこんだシグムンド・ウォーバーグという人がいます。

彼はインベストメント・バンカーを採用するときにMBAやCFAなどの実学を学んだ学生を採ることを嫌い、文学とか芸術とかを専攻した学生を優先的に採りました。

「ファイナンスなんて、後から簡単に学ぶことが出来る。でも教養は会社で仕込むことはできない。バンカーに必要なのは人間力だ」

それがウォーバーグの考え方だったのです。

いまの僕は50歳を超えて2人の息子たちが実際にアメリカの教育システムの中で育ってゆく過程を垣間見る機会に恵まれました。

そこで痛感する事はアメリカやイギリスは徹底した格差社会だという事です。

それは単にお金持ちかそうでないか?という問題にとどまらず、本人の受ける教育の内容や教養などにもキョーレツに反映されるということです。

とりわけ「教養の格差」はカネで買えないものだけに外国人にとっては大きな壁になります。

それではどうすればこの壁を乗り越えることが出来るのでしょうか?

そのひとつの方法は古典に親しむという事です。残念ながらこれには近道はありません。

それを示すひとつのエピソードを紹介します。

中国の温家宝国務院総理が最近、ストラトフォード・アポン・エイボンを訪れた際、シェークスピアの生家を訪れました。欧米人はマスコミの報道で温家宝が熱心な「シェークスピア・ヲタ」だという事を今回、初めて知りました。

彼は「シェークスピアは1回読んだだけではわからない。10回読んでもやっぱりわからない。100回くらい読んで、ようやくわかる」と語り、「うんうん、その通り」と周りの人を納得させたのです。
続きを読む